不飽和土三軸圧縮試験装置 株式会社 誠研舎

本装置は不飽和土の三軸試験に適用されるコンパクトで多機能な三軸試験装置です。勿論、通常の飽和土の三軸試験を行うことも出来ます。

不飽和土三軸圧縮試験装置 DTC-483
特色:1.ペデスタルの水路は間隙水圧検出器まで含めて体積変化が少なく、エアーが抜き易い構造になっており、本体で作られる脱気水を用いることにより微細な間隙水圧の変化もとらえることが可能です。
2.反力装置が一本支柱ですので、試料のセット及び試験時に煩わしさが全くありません。
3.メカニカルジャッキはボールネジの採用により、極めて小さなトルクでスムーズな運転が出来ます。
4.小型DCサーボモーターの採用により、テーブルへの振動が全くありません。また広い速度範囲が設定可能です。
仕様
供試体寸法 φ50mm X 100mmH
荷重枠載荷容量 5kN
載荷速度 0.004 〜 2.0mm/min. この間、無段変速式
速度表示 デジタル式実速度表示式
載荷枠 一本支柱式、耐荷重: 10kN
駆動源 DC サーボモーター 40W、電源AC 100V, 50/60Hz
垂直荷重 応力制御、容量2kNのベローフラムシリンダー式
耐拘束圧 1MPa
体積変化計 二重管ビューレット式、 25ml、差圧検出器付
外体積変化計 内セル式、 25ml、差圧検出器付
セラミックフィルタ AEV=200kPa (標準)