定率ひずみ圧密試験機

株式会社 誠研舎

標準圧密試験として広く一般に使用されているJIS A 1217およびJSF T 411による圧密試験では、1供試体の試験に約10日間を要します。

定率ひずみ圧密試験ですと短時間で終了するのと、連続的なデータが得られるというメリットがある上に、特に、超軟弱粘土のような衝撃を与えずに載荷を行う必要がある試料での圧密試験では、定率ひずみ圧密試験機でなければならない場合があります。

定率ひずみ圧密試験機 DTC-182U3
特長

定率ひずみ圧密試験機は、従来の圧密試験が極めて短時間で終了する画期的な試験装置です。

写真は、DTC-182を三台設置した状態です。
このようにご希望に応じて3連、4連と設置することが可能です。

また、複数の試験装置からのデータ収録と報告書作成(Windows98対応)ソフトもご用意いたします。

 
主な仕様 (DTC-182)
多機能載荷装置 載荷メカニカルジャッキ:ボールネジ式
 容量:20kN (2tonf)
載荷ストローク:70mm
駆動源:AC100V, 50/60Hz, DCサーボモーター20W
載荷速度:2.0〜0.004 mm/min、無段変速式
載荷速度表示:デジタル表示計直読式 1.999
応力制御用ベローフラムシリンダーU型 低フリクション3段ベローフラムシール式
 圧縮側:受圧断面積 45.4cm2
 引張側:受圧断面積 27.3cm2
 最大出力: 4kN/空圧900kPa
 ストローク:
60mm
データ取り込み装置及び解析ソフトウエア 装備