空圧サーボ式サイン発生装置

株式会社 誠研舎

特徴
1.本格的なサーボ制御により、サイン波形を忠実に載荷します。
2.液状化試験に於いては油圧サーボ以上の追従性能が得られます。
3.空圧サーボは油圧サーボに比べて安価なシステムを構築できます。
4.油圧ユニットが要らないので油交換や油温冷却水などの必要がなくメンテナンスが簡易です。

空圧サーボ式サイン発生装置 型式 DTC−461

本装置は、振動三軸試験を行う目的で作られた装置であり、弊社の従来のモデルである空圧サインローダーがオープンループによる載荷であったのに対し、本格的なサーボ制御を行うことで、従来よりはるかに追従性能が高いシステムとなっております。本装置は空圧サーボ制御器(EO-260)と空圧制御装置を一つの筐体に納めてユニット化したもので、荷重枠の空圧アクチュエーターに空圧サーボ弁を装着することにより、振動三軸試験を行うことができます。

空圧サーボ式サイン発生装置


空圧サーボ弁

 DTC-461のカタログ EO-260のカタログ
仕様
筐体 外径寸法:W520×D500×H465mm
重量:約45kg
空圧サーボ制御器
EO-260
発信器 周波数:0.001〜9.999Hz(液状化試験など変形が大きい場合などは実質1Hz程度まで)
波形:サイン波
STARTスイッチ、STOPスイッチ
設定器 振幅設定:ポテンショメーター式、±0〜100%FS(0〜1000目盛)
静的設定:-100%FS〜0〜+100%FS(0〜500〜1000目盛)
繰返し回数設定:6桁デジタルカウンターにより1〜999999回(×1,×10、×100から選択)
外部入力:外部アナログ信号を入力可。(±DC5V、BNC端子)
増幅器 サーボ増幅度:ポテンショメーターにより設定 0〜1000目盛
発振出力:最大±200mA
空圧制御装置 静的空圧設定:1MPa、ボリュームブースター内蔵
静的圧力計:φ100mm、1MPa
動的圧力計:φ100mm、1MPa
バッファータンク:約5L
一次圧調圧弁:1MPa
空圧サーボ弁、58C型 流量:50L/min(流量の大きいタイプもございます)
専用サブプレート付き
外径寸法:43×43×51mm
オプション 空圧アクチュエーター:容量により各種ございます。