小型振動台パルスモーターサーボ式

株式会社 誠研舎
特徴
◆優れた応答性
新開発のパルスモータサーボシステムを採用。
モーター制御でありながら、油圧サーボに匹敵する応答性があります。地震波
も忠実に再現することができます。(カタログ参照)
◆コンパクトで手軽
従来のサーボシステムに比べ、コストパフォーマンスに優れております。油圧ポンプもエアーコンプレッサーも不要です。
コンパクトで駆動音が静かなので、どこにでも設置できます。
◆パソコンで波形制御
エクセル等を利用して自由に波を与えることができます。任意の地震波のデータを読み込んで発振するソフトも標準で添付しております。このソフトによりサイン波の発振も可能です。
◆オプションでパソコンもご用意いたします。

小型振動台カタログ

小型振動台パルスモーターサーボ式 型式 DUB-229A、229B、229C、229XY


↑DUB-229A
←DUB-229XY(液状化実験モデル搭載時)  
仕様
小型振動台 Model No. DUB−229A DUB−229B DUB−229C DUB−229XY
テーブル寸法 400 x 250 mm
高さ 102mm
700 x 400 mm
高さ 112mm
1000 x 500 mm
高さ 128mm
450 x 500mm
高さ 196mm
積載能力 30kg 70kg 100kg 30kg
加振変位 ±25mm ±50mm ±50mm X,Y軸共に±25mm
制御方式 パルスモーターサーボ制御式
加振能力 最大300ガル
電力 AC100V, 100W AC100V, 500W AC100V, 1000W (1kW)
コントローラ サーボアンプ部、パルス発振部、ドライバ部から成ります。
外形寸法 320W x 60H x 230D mm 320Wx100Hx230Dmm
入力電圧 ±5V
電力 AC100V, 50W
DAユニット及びソフトウエア パソコンから波形を出力する為のDAユニット
地震波形出力 任意の地震波形を振幅、時間軸を変えて出力が可能
基本波形出力 波形:サイン波、三角波、矩形波を選択出力
周波数 0.01 〜 10Hz