ベンダーエレメント

弊社オリジナルのベンダーエレメントです。

ベンダーエレメント
 ベンダーエレメント(左は素材、右はケース入り)
概要
弊社では当初ベンダーエレメントをノルウェーから輸入して販売しておりました。当時の輸入価格は非常に高価なものでありました。そこで弊社では国産のバイモルフ型振動子にエポキシ樹脂をコーティングすることで弊社オリジナルの安価なベンダーエレメントを開発いたしました。(左下写真)
ベンダーエレメントは通常三軸の試料キャップやペデスタルに素材のベンダーエレメントを接着剤で固めて埋込むことが多く、ベンダーを損傷した場合などはその交換が大変でしたが、ベンダーエレメントをケースに入れてカプセル化することでベンダーエレメントの交換が容易になりました。(右下写真)
S波の発信、受信専用のベンダーエレメントの他にP波の発信受信ができるもの、また配線を変えることでP波とS波を両方できるものなどもあります。
 
ベンダーエレメント概略仕様
素子材質:バイモルフ型圧電セラミクス
タイプ:S波発振はパラレル型、S波受信はシリーズ型
等価圧電定数:210×10E-12m/V
コーティング材質:エポキシ樹脂
発信部厚さ:1mm
発信部長さ:19mm(発信)、15mm(受信)
発信部幅:12mm
ベンダーエレメント計測装置、DTC-250001

ベンダーエレメント法による土のせん断波速度測定は地盤工学会基準になる予定です。
本装置は弊社オリジナルのベンダーエレメントを試料キャップ及びペデスタルに装着し、市販のシンセサイザーと電子オシログラフと組合わせて、土のせん断速度を測定するものです。

DTC-250001のカタログ

上はシンセサイザーと電子オシログラフ


左はベンダーエレメントを装備した三軸室
概要
本計測装置は、三軸圧縮室内にセットされたベンダーエレメントにより試料にせん断波を与え、最大せん断係数の計測が行える装置です。
構成
■ベンダーエレメント付試料キャップ及びペデスタル:1組
ベンダーエレメント位置決めダミー:1組
■シンセサイザー :1台
WF-1943B(NF回路)
■電子オシロスコープ    :1台
DSO-1002A(アジレントテクノロジー社)
シンセサイザー及びオシロスコープの機種はメーカーの都合により変更になる場合があります。
仕様
適用供試体 φ50×100mmH
■ベンダーエレメント:
 素子材質:バイモルフ型圧電セラミクス
 コーティング材質:エポキシ樹脂
等価圧電定数:210×10-12 m/V
発信用タイプ:パラレル型
寸法:厚さ1mm、幅12mm、長さ19mm
受信用タイプ:シリアル型
寸法:厚さ1mm、幅12mm、長さ15mm
■シンセサイザー:
発振周波数:最大15MHz
出力波形:矩形波、サイン波等
出力電圧:±10V
■オシロスコープ:
 計測帯域:60MHz
 計測チャンネル:2ch